コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐健治 いがらし けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐健治 いがらし-けんじ

1877-1972 明治-昭和時代の実業家。
明治10年3月14日生まれ。三井呉服店(現三越)につとめ,明治39年洗濯業の白洋舎を創業。翌年わが国ではじめてドライクリーニングの技術を開発。東京,大阪に工場をつくるなど事業を拡大する。クリスチャンとして伝道と出版にもつとめた。昭和47年4月10日死去。95歳。新潟県出身。旧姓は船崎。自伝に「キリスト信仰とわが体験」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の五十嵐健治の言及

【洗濯】より

…東京では68年(明治1)5月,洗濯屋与兵衛が,神田鍛冶町表通り下駄新道に西洋洗濯屋を始めたのが祖である。 ドライクリーニングは1906年に白洋舎を創設した五十嵐健治によって始められた。彼は,ヨーロッパでは白羽二重の白無垢(しろむく)が洗濯できることを聞き,独学で研究に没頭,ベンゾールを使い,これにみずから考案・発明したベンジンソープを添加し,翌年7月,乾燥洗濯と名付けた。…

※「五十嵐健治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五十嵐健治の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android