コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五条為学 ごじょう ためざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五条為学 ごじょう-ためざね

1472-1543 戦国時代の公卿(くぎょう)。
文明4年生まれ。菅原氏高辻家庶流。家学紀伝(きでん)道をまなび,文亀(ぶんき)元年(1501)文章博士(もんじょうはかせ)。参議,権(ごんの)中納言をへて,天文(てんぶん)10年権大納言。正二位。連歌をよくした。天文12年6月30日死去。72歳。名は「ためのり」「ためたか」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の五条為学の言及

【拾芥記】より

…2巻。異称は《為学卿記》《五条為学記》《為記》。1484年(文明16)から1521年(大永1)にわたるが,1490年(延徳2)までは自身の学歴,菅原氏の内部事情などを主としたものである。…

※「五条為学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五条為学の関連キーワード五条為康拾芥記

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android