コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五行本 ゴギョウボン

2件 の用語解説(五行本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごぎょう‐ぼん〔ゴギヤウ‐〕【五行本】

義太夫節の詞章を書いた版本の一種。省略なしに全段を書いた丸本に対して、一部分だけ抜き出したもの。太夫が見やすいように、大きい字で1ページに五行の割で書いてあるところからいう。稽古本。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

五行本【ごぎょうぼん】

浄瑠璃長唄の稽古(けいこ)本。詞章に節付けを施してあり,各ページの行数は古くは9行,8行,7行などもあったが,義太夫物の段物を収めたものは多く5行であったため俗にこう呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の五行本の言及

【義太夫節】より

…ところが人気曲は語る機会が多く,稽古用の本も需要が多いので,板本として刊行した。これを稽古本とか,多く五行に書いているので五行本とかいう。やはり需要が多かった道行,景事を何曲か収載した段物集と称する板本も刊行された。…

※「五行本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone