コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五道神 ごどうしん Wu-dao-shen

2件 の用語解説(五道神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五道神
ごどうしん
Wu-dao-shen

中国の道路神。行神,道神,祖神とも呼ばれる。伝説によれば,共工氏の子の脩,あるいは黄帝の子の累祖を祀るとされるが,民俗的には,古代の軍行や旅行に伴う危険に対する厄払い (魂振り) の儀に起源があると考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごどうしん【五道神 Wǔ dào shén】

中国民間の神の名。正しくは〈五道大神〉という。本来,仏教の五道すなわち天道・人道・餓鬼道・畜生道・地獄道を守護する神であったが,のちに中国化して,天下を巡行し人々の善悪を調べる冥界の役人,さらに死者の魂を〈城隍爺(じようこうや)〉(城隍廟)のもとに護送する神へと転化した。また〈五道〉の2字に由来して〈道祖神〉とも付会されている。日本の京都の車折(くるまざき)神社は,五道神降臨の地とも伝えられる。【堀 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五道神の関連キーワード相殿五道五道の冥官常しくに正しく大神の祭左大神飛廉登由宇気神五道大神

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone