五門(読み)ごもん

精選版 日本国語大辞典の解説

① (五つの家門の意) =ごせっけ(五摂家)
※太平記(14C後)二一「五門の曲阜も、執事侍所の辺に賄ふ」
② 仏語。中国の禅宗の五つの宗派。臨済宗・潙仰宗・曹洞宗・雲門宗・法眼宗。五家。
※正法眼蔵(1231‐53)辨道話「予かさねて大宋国におもむき、知識を両淅にとぶらひ、家風を五門にきく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android