コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国学院大学 コクガクインダイガク

デジタル大辞泉の解説

こくがくいん‐だいがく〔コクガクヰン‐〕【国学院大学】

東京都渋谷区に本部のある私立大学。明治15年(1882)創立の皇典講究所によって同23年に設立された国学院を起源とする。大正9年(1920)旧制大学となり、昭和23年(1948)新制大学に移行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国学院大学【こくがくいんだいがく】

東京都渋谷区にある私立大学。1882年設立の皇典講究所が起源。皇典講究所は,神職養成や国学普及などの事業を展開していたが,1890年教育事業を拡大して,国学院を設立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくがくいんだいがく【国学院大学】

東京都渋谷区にある私立大学。1882年自由民権運動に対抗する国粋主義の気運を反映して,全国の神職団体が設立した国典・国学の研究教育機関,皇典講究所が前身。同講究所は皇室から多額の内帑金(ないどきん)をうけ,神職養成や国学普及の文化事業を展開,90年には教育事業を拡充して国学院を設立した。国学院は1906年国学院大学と改称し,20年に道義学,国史学,国文学の3学科と予科などを置く。その後設置された付属神道部や高等師範部とともに,おもに国語科の中等学校教員の養成に特色があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくがくいんだいがく【国学院大学】

私立大学の一。1882年(明治15)創設された皇典講究所が、学生養成のため90年国学院を設置。1920年(大正9)大学令による大学となる。48年(昭和23)新制大学に移行。本部は東京都渋谷区。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国学院大学
こくがくいんだいがく

國學院大學」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国学院大学
こくがくいんだいがく

私立。1882年(明治15)明治政府の援助によって創立された皇典講究所を経営母体として、1890年に設置された国学院を起源とする。日本の歴史、民族性に基づき、「学問ノ道ハモトヲ立ツルヨリ大ナルハナシ」を建学の精神とし、国史、国文、国法を授けることを教育方針とした。1920年(大正9)専門学校から大学令による私立大学となり、1948年(昭和23)新制大学に移行した。2010年(平成22)時点で、文学部、経済学部、法学部、神道文化学部、人間開発学部の5学部をもち、さらに文学、法学、経済学、法務の各研究科からなる大学院を擁する。特色としては神職者養成のための神道文化学科や、附属施設に日本文化研究所考古学資料館などがある。所在地東京都渋谷区東4-10-28および神奈川県横浜市青葉区新石川3-22-1。[喜多村和之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国学院大学の言及

【皇典講究所】より

…草創期には矢野玄道,権田直助をはじめとする多くの国学者を擁し,《古事類苑》の編纂にも大きく寄与するところがあった。おもな事業は国学院大学を経営し,また内務省から委託された神職養成の事業を行い,神職資格である学階の検定試験を行うことであった。1923年には渋谷区の現在地に移転した。…

※「国学院大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国学院大学の関連情報