コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井伊道政 いい みちまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井伊道政 いい-みちまさ

1309-1404 南北朝-室町時代の武将。
延慶(えんきょう)2年生まれ。井伊高顕(たかあき)の父。遠江(とおとうみ)(静岡県)井伊谷(いいのや)城主。南朝方に属し,宗良(むねよし)親王を三岳(みたけ)城にむかえいれる。高師泰(こうの-もろやす),仁木義長(にき-よしなが)らの北朝軍に攻撃され,暦応(りゃくおう)3=興国元年(1340)城をおとされ,宗良親王は信濃(しなの)にのがれた。南北朝合体後も足利氏に屈しなかったという。応永11年死去。96歳。伝承上の人物ともみられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井伊道政の関連キーワード尹良親王井伊谷城室町時代龍潭寺延慶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android