井桁絣(読み)いげたがすり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井桁絣
いげたがすり

4本の直線によって囲まれた幾何学的文様を井桁というが、絣に織り出すと井桁絣とよぶ。同様のものに井筒(いづつ)がある。井筒はちょうど井戸を真上から見下ろしたような正方形、井桁は斜め上から見たような菱形(ひしがた)の連続文様である。絣文様のうえでは、あまり両者の区別なく使われている。名称については、偶然井戸縁の形に似ていたため使われるようになったのだろう。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いげた‐がすり ゐげた‥【井桁絣】

〘名〙 井桁模様の絣。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉五「赤糸の入った井桁綛(ヰゲタガスリ)の綿琉の長羽織を引被けて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android