コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井深彦三郎 いぶか ひこさぶろう

1件 の用語解説(井深彦三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井深彦三郎 いぶか-ひこさぶろう

1866-1916 明治時代の大陸浪人。
慶応2年7月2日生まれ。井深梶之助の弟。荒尾精にしたがい,清(しん)(中国)で情報活動に従事。日清戦争で陸軍通訳をつとめ,台湾総督樺山資紀(かばやま-すけのり)の部下となる。日露戦争特務機関に属し,のち奉天居留民団長。明治45年衆議院議員(政友会)。大正5年4月4日死去。51歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井深彦三郎の関連キーワード英学ミットフォードアロー号ブロッホ歴史小説池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone