井目風鈴(読み)セイモクフウリン

デジタル大辞泉の解説

せいもく‐ふうりん【井目風鈴】

囲碁で、力量に井目以上の差があるとき、下手(したて)があらかじめ井目の四隅の石の斜め下にさらに一石ずつつけて置くこと。転じて、碁の初心者であること。井目風鈴付き。→置き碁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいもくふうりん【井目風鈴】

囲碁で、井目以上に腕前の差がある時、さらにその四隅の石の斜め下に、一石ずつぶら下げるように置くこと。
能力がはなはだしく相違すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android