コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜リン酸(亜燐酸) ありんさんphosphorous acid

世界大百科事典 第2版の解説

ありんさん【亜リン酸(亜燐酸) phosphorous acid】

化学式H3PO3。遊離酸としては水溶液中でもその存在は知られていない。エステルとして亜リン酸エステルP(OR)3などが知られている。古く亜リン酸と呼ばれていたものは実際にはホスホン酸phosphonic acid H2PHO3であることがわかっている。ホスホン酸は,三塩化リンを加水分解させて得られる。実験室では,四塩化炭素溶液とし,氷冷しながら徐々に水を滴下した後,脱塩酸して作る。無色,潮解性の氷状結晶。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

亜リン酸(亜燐酸)の関連キーワード亜リン酸

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android