亜リン酸(亜燐酸)(読み)ありんさん(英語表記)phosphorous acid

世界大百科事典 第2版の解説

ありんさん【亜リン酸(亜燐酸) phosphorous acid】

化学式H3PO3。遊離酸としては水溶液中でもその存在は知られていない。エステルとして亜リン酸エステルP(OR)3などが知られている。古く亜リン酸と呼ばれていたものは実際にはホスホン酸phosphonic acid H2PHO3であることがわかっている。ホスホン酸は,三塩化リン加水分解させて得られる。実験室では,四塩化炭素溶液とし,氷冷しながら徐々に水を滴下した後,脱塩酸して作る。無色,潮解性の氷状結晶。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android