亜熱帯反流(読み)あねったいはんりゅう(英語表記)Subtropical Counter Current

海の事典の解説

亜熱帯反流

亜熱帯循環の内部に、台湾の東方から北緯20度付近を東に向かう弱い流れがあり、これを亜熱帯反流と呼ぶ。1960年代に我が国の研究者によってその存在 が明らかにされた。この海流にともなって海洋上層に前線が形成されているが、その様相から一本の流れというよりも幾つかの平行する流れの集まりと見なすべ きであろう。北大西洋等にも同様の海流があるとの指摘もあるが、あまり明確ではない。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜熱帯反流
あねったいはんりゅう
Subtropical Countercurrent

北太平洋の緯度20~25度の表層にみられる東向きの弱い海流。亜熱帯収束線の近くではほとんど流動がないとみられていたが、1960年代初めごろ、観測と理論の両面から東向きの流れがあることがわかった。[半澤正男・高野健三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android