コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交流ブリッジ こうりゅうブリッジ AC bridge

3件 の用語解説(交流ブリッジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交流ブリッジ
こうりゅうブリッジ
AC bridge

4個のインピーダンス素子を四辺形に結合し,一つの対角線上に交流電源を,他の対角線上に検出器を接続した回路を交流ブリッジ回路という。検出器に電流が流れなくなった状態を平衡状態と称し,そのとき4個のインピーダンスの間に一定の関係があることが知られているので,標準インピーダンスを使って未知のインピーダンスを測定するのに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうりゅうブリッジ【交流ブリッジ AC bridge】

ブリッジ回路の一種で,電源が交流のもの。標準の形をした図1のブリッジで,検出器Dに電流が流れなくなる条件(平衡条件)は,四つのインピーダンスの間にZ1Z3Z2Z4の関係が成立することである。交流回路のインピーダンスは一般に周波数の関数で,電源が正弦波の場合,複素数で表現される。したがって上式の平衡条件は,実数部,虚数部がそれぞれ等しいという,実質的に二つの等式である。例えば図2のウィーンブリッジWien bridgeでは,ω2C1C2R1R2=1およびC2R2C1(ZR2R1)の2式となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交流ブリッジ
こうりゅうぶりっじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交流ブリッジの関連キーワードコントラクトブリッジブリッジ回路ランドブリッジWi-Fiブリッジパブリッジコールラウシュブリッジハートショーンブリッジホイートストーンブリッジマクスウェルブリッジ測定用ブリッジ回路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone