コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交流ブリッジ こうりゅうブリッジAC bridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交流ブリッジ
こうりゅうブリッジ
AC bridge

4個のインピーダンス素子を四辺形に結合し,一つの対角線上に交流電源を,他の対角線上に検出器を接続した回路を交流ブリッジ回路という。検出器に電流が流れなくなった状態を平衡状態と称し,そのとき4個のインピーダンスの間に一定の関係があることが知られているので,標準インピーダンスを使って未知のインピーダンスを測定するのに用いられる。そのほか周波数の測定にも使うことができる。用いるインピーダンス素子の種類によって,マクスウェルブリッジ,ウィーンブリッジアンダーソンブリッジなど各種のものがある。なお直流電源と抵抗のみから成るブリッジ回路を直流ブリッジというが,原理的には同様である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうりゅうブリッジ【交流ブリッジ AC bridge】

ブリッジ回路の一種で,電源が交流のもの。標準の形をした図1のブリッジで,検出器Dに電流が流れなくなる条件(平衡条件)は,四つのインピーダンスの間にZ1Z3Z2Z4の関係が成立することである。交流回路のインピーダンスは一般に周波数の関数で,電源が正弦波の場合,複素数で表現される。したがって上式の平衡条件は,実数部,虚数部がそれぞれ等しいという,実質的に二つの等式である。例えば図2のウィーンブリッジWien bridgeでは,ω2C1C2R1R2=1およびC2R2C1(ZR2R1)の2式となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交流ブリッジ
こうりゅうぶりっじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例