コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通戦争 コウツウセンソウ

デジタル大辞泉の解説

こうつう‐せんそう〔カウツウセンサウ〕【交通戦争】

交通事故による死者が増加し続け、社会問題となっている状態をたとえていう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうつうせんそう【交通戦争】

交通事故による死亡者が増加し、危機的な水準になっている現象をいう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の交通戦争の言及

【交通事故】より

…交通事故が社会問題として注目されはじめたのは55年ころからで,モータリゼーションの爆発的な進行によって自動車事故は急増し,その後15年を経た70年には,事故件数は8倍にも伸び,死傷者100万人(全人口の1%)に達しようとした。これは日清戦争での日本軍の戦死傷者1万7000人をはるかに上回るもので,交通遺児を残す死亡事故,後遺症を残す頭部外傷事故などの悲惨さとともに〈交通戦争〉と呼ぶにふさわしい状態となった。このため交通事故対策は国家的な重要課題となり,70年交通安全対策基本法の制定により本格的な事故防止施策,活動が開始され,国民の交通安全思想も急速に高まっていった。…

※「交通戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交通戦争の関連情報