撰要類集(読み)せんようるいしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

せんようるいしゅう【撰要類集】

江戸幕府の法令集。1716年(享保1)から36年(元文1)まで江戸の町奉行所で取り扱った裁判・行政関係の判例・法令を,老中との間の上申・指示や評定所の決定,調査した先例など立法過程の詳しい記事を含めて分類編纂したもの。7巻。南北両町奉行所で編纂し,相互に情報を交換して記事に組み入れていたと認められるが,現存するのは南町奉行所の分で,はじめ奉行大岡忠相(ただすけ)が1725年までを組与力上坂正形に編纂させ,その後36年まで追加編集したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の撰要類集の言及

【大岡忠相日記】より

…なお町奉行時代のものもあったと考えられるが未発見。内閣文庫蔵《撰要類集》はそれをもとに編纂したとの見方もある。【大石 慎三郎】。…

※「撰要類集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android