コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京うど

デジタル大辞泉プラスの解説

京うど

京都府京都市伏見区で生産されるウド江戸時代から伏見区の桃山城下で栽培されている在来種。きんぴら、酢の物などにして食する。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

京うど[根菜・土物類]
きょううど

近畿地方、京都府の地域ブランド。
主に亀岡市・京都市伏見区桃山地区などで生産されている。うどは、昔から国内各地に自生していた植物であるが、京都では丹後や桃山を中心に栽培がおこなわれていた。丹波では藁小屋のなかで醸熱材料を使い軟白に栽培し2月〜3月に出荷。桃山では久保柿の下地利用として栽培され、5月に収穫される。江戸時代、地元の農民により生み出された。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

京うどの関連キーワード京都府京都市伏見区近畿地方永井裕久東京都

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android