コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京ヶ瀬 きょうがせ

2件 の用語解説(京ヶ瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京ヶ瀬
きょうがせ

新潟県中部,新潟平野の北部で阿賀野川下流右岸にある地区。旧村名。 2004年4月,安田町,水原町,笹神村と合併し阿賀野市となる。穀倉地帯の一部で,米作が盛ん。南阿賀油田がある。近年,下里地区に南部工業団地が造成され,企業誘致が行なわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京ヶ瀬
きょうがせ

新潟県中北部、北蒲原(きたかんばら)郡にあった旧村名(京ヶ瀬村(むら))。現在は阿賀野(あがの)市の西部を占める一地区。2004年(平成16)安田町、水原(すいばら)町、笹神(ささかみ)村と合併して市制施行、阿賀野市となる。旧京ヶ瀬村は、阿賀野(あがの)川谷口扇状地面の環状蛇行部の自然堤防上に発生した純農村。JR羽越(うえつ)本線、国道49号、460号が通じる。古くから阿賀野川自然堤防外地の中州畑(なかすばた)を利用した根菜類の生産地として知られ、肉牛飼育、養豚業も盛んである。京ヶ瀬駅の近くの梅護寺(ばいごじ)は親鸞上人(しんらんしょうにん)遺跡地で「八房(やつふさ)の梅」や「梅護寺の数珠掛(じゅずかけ)ザクラ」(国指定天然記念物)がある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京ヶ瀬の関連キーワード新潟平野新潟県阿賀野市沖新潟県阿賀野市久保新潟県阿賀野市小島新潟県阿賀野市里新潟県阿賀野市城新潟県阿賀野市畑江新潟県阿賀野市保田安田〈町〉横越〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone