コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京山小円 きょうやまこえん

世界大百科事典 第2版の解説

きょうやまこえん【京山小円】

1876‐1928(明治9‐昭和3)
浪曲家。本名吉田松吉。2代目京山恭安斎門下。桃中軒雲右衛門(とうちゆうけんくもえもん),吉田奈良丸と並ぶ明治末期から大正にかけての浪曲界三巨星で,京山派を大ならしめた功績は大きい。義太夫をよくしたので,関西芸の特色である荘重な響きをもつ曲調に定評があった。レコードの数も奈良丸とともに多く,《佐倉義民伝》《赤垣源蔵》《曾我兄弟》《勧進帳》など幅広い芸域を誇った。【興津 要】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の京山小円の言及

【浪花節】より

…以後,春日井松之助を頭取(とうどり)とした〈東京浪花節組合〉,井上晴夢を取締役とする関西うかれ節組合〈愛国社〉とが設立され,浪花節は隆盛の一途をたどったが,とくに日露戦争後は,忠君愛国をテーマとすることで国粋主義の時流に乗って大発展をとげた。この近代浪曲確立期の推進力となったのは,桃中軒雲右衛門(とうちゆうけんくもえもん),吉田奈良丸京山小円(こえん)の三巨人だった。雲右衛門は,諸国放浪ののち,豪放雄健な節調を確立し,台本も整備し,《義士伝》をはじめとして演題も選択して,品位ある高座によって浪花節の社会的地位を向上させた。…

※「京山小円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

京山小円の関連キーワード吉田 奈良丸(2代目)京山 小円嬢(初代)京山 若丸京山若丸浪花節

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android