コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田奈良丸 ヨシダナラマル

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐ならまる【吉田奈良丸】

[?~1967]浪曲師。2世。奈良の生まれ。優美な節調が評判をよび、「奈良丸くずし」という歌謡まで流行。明治から大正にかけて桃中軒雲右衛門と人気を二分した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉田奈良丸【よしだならまる】

浪曲師の芸名。4世まである。2世〔1883-1967〕は奈良県出身。1902年襲名し,関西で活躍。東京の桃中軒雲右衛門と並んで浪曲改革にあたった。平明優美な節調をもち,義士伝を得意とし,その語り口は《奈良丸くずし》という俗曲となって流行するほどであった。
→関連項目浪曲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしだならまる【吉田奈良丸】

浪曲家。(1)初代(?‐1915(大正4)) 奈良の人。音丸門下。(2)2代(1880‐1967∥明治13‐昭和42) 本名広橋宏吉。奈良県生れ。明治末から関西の雄として,東の桃中軒雲右衛門(とうちゆうけんくもえもん)とともに天下に並び称せられた。優美,平易な節調で人気を博し,その名調子レコードによって全国を風靡した。得意の《義士伝》の一節は,《奈良丸くづし》という歌謡曲にまでなった。晩年は大和之丞(やまとのじよう)と改名している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よしだならまる【吉田奈良丸】

(二世)(1880~1967) 明治・大正の浪曲師。奈良県生まれ。本名は広橋宏吉。レコードにより全国を風靡ふうび。得意の義士伝の一節は「奈良丸くずし」と呼ばれて評判をとり、京都に大石神社を建てた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田奈良丸
よしだならまる
(1883―1967)

浪曲師。2代目。本名広橋広吉。奈良県生まれ。花川力丸と名のる祭文(さいもん)語りであったが、大阪に出て浮連節(うかれぶし)で一家をなしていた初代奈良丸(?―1923)に入門、才能と美声によって1902年(明治35)に2代目を襲名した。09年、「日本一吉田奈良丸」という宣伝で上京して物議を醸したが、華族会館で口演するなど、美文調の詞(ことば)遣いと上品な語り口で、豪放な桃中軒雲右衛門(とうちゅうけんくもえもん)と人気を競った。明治末からレコードに吹き込んだ『義士伝』は当時のベストセラーで、優美な「奈良丸節」を全国的なものにした。とくに『大高源吾(おおたかげんご)』の一節は流行歌に取り入れられ「奈良丸くずし」としてヒットした。17年(大正6)の渡米に際しては、総理大臣原敬(はらたかし)の仲介でウィルソン大統領と面会するなど、国際的名士となった。[秩父久方]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉田奈良丸の言及

【浪花節】より

…以後,春日井松之助を頭取(とうどり)とした〈東京浪花節組合〉,井上晴夢を取締役とする関西うかれ節組合〈愛国社〉とが設立され,浪花節は隆盛の一途をたどったが,とくに日露戦争後は,忠君愛国をテーマとすることで国粋主義の時流に乗って大発展をとげた。この近代浪曲確立期の推進力となったのは,桃中軒雲右衛門(とうちゆうけんくもえもん),吉田奈良丸京山小円(こえん)の三巨人だった。雲右衛門は,諸国放浪ののち,豪放雄健な節調を確立し,台本も整備し,《義士伝》をはじめとして演題も選択して,品位ある高座によって浪花節の社会的地位を向上させた。…

※「吉田奈良丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田奈良丸の関連キーワードレコード(音を記録した物体)春野 百合子(初代)吉田奈良丸(3世)吉田奈良丸(4代)おもな浪花節の演目春野百合子(2代)京山小円(初代)南部坂雪の別れ竹廼家養徳斎吉田大和之丞吉田 朝日11月6日吉田 一若京山 若丸大石神社京山若丸京山小円浪花節二世吉田

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android