京染(読み)きょうぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京染
きょうぞめ

伝統に培われた京都におけるあらゆる染色品をいう場合と友禅染をいう場合とがある。高級染色,特に手工芸である友禅は賀茂川水質と伝統技術とともに華麗な染色美を作り上げ,京染の代表といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ぞめ〔キヤウ‐〕【京染(め)】

京都で染めた、また京都風の染め物の総称。鹿(か)の子染め・友禅染の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の京染の言及

【着物】より

…白生地染に比べれば変化にとぼしく質素であるが,地方の家内工業の中から各種の創意が生まれた。 白生地染は京都を中心にして発達し,藍を主とする地方染に対して京染といった。これは平安朝以後のあらゆる染色技術のほかに,のりを用いた技術を加えて,友禅染,小袖染などの精巧な美術品を生むようになった。…

※「京染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京染の関連情報