コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京田辺市 きょうたなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京田辺〔市〕
きょうたなべ

京都府南部,木津川左岸の市。大阪府と奈良県に接する。 1906年田辺として町制。 51年大住 (おおすみ) ,草内 (くさじ) ,三山木 (みやまき) ,普賢寺 (ふげんじ) の4村を編入。 97年,京田辺と名称変更して市制施行。西部は生駒山地から続く丘陵地帯,東部は木津川の沖積平野。農業が主産業で,米作のほか近郊野菜や果樹,茶の栽培が行われる。 1960年代から宅地化が進み,人口が次第に増加。関西文化学術研究都市の一角をなす。中心集落の田辺の北に接する薪 (たきぎ) の酬恩庵 (一休寺) には一休和尚の墓があり,庭園は名勝。高麗寺跡大住車塚古墳は史跡。また観音寺本堂の十一面観音立像は国宝に指定されている。 JR片町線,近畿日本鉄道京都線,京奈和自動車道が南北に通じる。面積 42.92km2。人口 7万835(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうたなべ‐し〔キヤウたなべ‐〕【京田辺市】

京田辺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

京田辺市の関連キーワード京都府京田辺市水取西光明谷京都府京田辺市打田入道ケ谷京都府京田辺市打田煤谷山口京都府京田辺市水取梅ノ木峠京都府京田辺市打田仕切ケ谷京都府京田辺市河原東久保田京都府京田辺市水取東光明谷京都府京田辺市河原西久保田京都府京田辺市水取寺ケ谷京都府京田辺市河原一ノ坪京都府京田辺市宮津北ノ谷京都府京田辺市打田上煤谷京都府京田辺市水取高井谷京都府京田辺市水取高井鎌京都府京田辺市河原里ノ内京都府京田辺市水取菖蒲谷京都府京田辺市打田上羽川京都府京田辺市打田上西浦京都府京田辺市打田奥中山京都府京田辺市宮津柿ケ坪

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京田辺市の関連情報