コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人類の共同遺産 じんるいのきょうどういさん

1件 の用語解説(人類の共同遺産の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

人類の共同遺産【じんるいのきょうどういさん】

特定の空間やその資源については,その所有権は国際社会全体に帰属し,人類全体のために利用され管理されるべきものである,という概念。英語でcommon heritage of mankind。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

人類の共同遺産の関連キーワード分離課税オーナー帰属付いて回る時空空間算定会科率借地権付住宅

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone