コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川氏輝 いまがわ うじてる

2件 の用語解説(今川氏輝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今川氏輝 いまがわ-うじてる

1513-1536 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)10年生まれ。今川氏親(うじちか)の長男。14歳で家督をつぎ,駿河(するが)・遠江(とおとうみ)(静岡県)の守護となる。はじめは母の寿桂尼に補佐され国政をおこなう。遠江の検地を実施し,今川家にはじめて馬廻衆をつくる。天文(てんぶん)4年駿河に侵入した武田信虎とたたかった。天文5年3月17日死去。24歳。幼名は竜王丸。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今川氏輝

没年:天文5.3.17(1536.4.7)
生年:永正10(1513)
戦国時代の武将。今川氏親の長男,母は中御門宣胤の娘(寿桂尼)。幼名竜王丸,通称は五郎。大永5(1525)年,元服して氏輝と名乗り,翌年,父の死によって家督を継ぐが,14歳という若さのため実際の国政は母の寿桂尼が執り,氏輝の文書発給がみられるのは,それから2年後の同8年3月からである。天文1(1532)年あたりから独自の領国支配がみられ,江尻湊の振興をはかる経済政策,検地の施行,さらに御馬廻衆の創設などに取りくみ,甲斐の武田信虎と戦ったりしているが,同5年3月17日,24歳の若さで突然没した。同日,すぐ下の弟彦五郎も没しており,駿府今川館において何らかの異変が起こった可能性も指摘されている。氏輝が結婚していたかどうかは不明であるが,少なくとも嗣子はなく,氏輝の弟である玄広恵探と梅岳承芳(今川義元)が家督を争う花倉の乱がおきた。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今川氏輝の関連キーワード今川範以今川仮名目録朝比奈泰能今川氏親妻今川氏豊西郷正勝斯波義達東胤氏牧野古白牧野貞成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今川氏輝の関連情報