コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今戸 いまど

4件 の用語解説(今戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今戸
いまど

東京都台東区北東部の地区。隅田川の西岸に位置し,山谷堀が南端にあって浅草地区に接する。隅田川河畔に 1931年隅田公園ができ,台東体育館もその中にある。江戸名物の今戸焼や今戸人形の発祥地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまど【今戸】

東京都台東区北東部の地名。隅田川西岸の船着き場として栄え、今戸焼今戸人形の発祥地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いまど【今戸】

東京都台東区北東部、隅田川西岸の商業地区。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今戸
いまど

東京都台東(たいとう)区北東、隅田(すみだ)川右岸の一地区。『江戸名所図会(ずえ)』にもある今戸神社がある。隅田川の水を引き込んだ堀割の山谷(さんや)堀を隔てて待乳山聖天(まつちやましょうでん)(本竜院)があり、山谷堀に架けられた橋が今戸橋である。川柳(せんりゅう)に詠まれた「今戸橋上より下を人通る」は、吉原(よしわら)通いの船でにぎわったことを詠んだものである。江戸名物の一つ今戸焼(人形、瓦(かわら)など)の産地でもある。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今戸の関連キーワード東京都台東区今戸東京都台東区北上野東京都台東区蔵前東京都台東区寿東京都台東区台東東京都台東区根岸東京都台東区橋場東京都台東区花川戸東京都台東区柳橋東京都台東区竜泉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今戸の関連情報