コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今戸 いまど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今戸
いまど

東京都台東区北東部の地区。隅田川の西岸に位置し,山谷堀南端にあって浅草地区に接する。隅田川河畔に 1931年隅田公園ができ,台東体育館もその中にある。江戸名物の今戸焼今戸人形発祥地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いまど【今戸】

東京都台東区北東部、隅田川西岸の商業地区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今戸
いまど

東京都台東(たいとう)区北東、隅田(すみだ)川右岸の一地区。『江戸名所図会(ずえ)』にもある今戸神社がある。隅田川の水を引き込んだ堀割の山谷(さんや)堀を隔てて待乳山聖天(まつちやましょうでん)(本竜院)があり、山谷堀に架けられた橋が今戸橋である。川柳(せんりゅう)に詠まれた「今戸橋上より下を人通る」は、吉原(よしわら)通いの船でにぎわったことを詠んだものである。江戸名物の一つ今戸焼(人形、瓦(かわら)など)の産地でもある。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今戸の関連キーワード古今亭志ん朝(2代)三笑亭可楽(8世)白井半七(初代)白井半七(3代)白井半七(6代)白井半七(2代)御溜まり小法師白井作右衛門白井 孝一中条市太郎お藤松五郎作根弁次郎福助くらべ大抵御覧負えない今戸心中白井孝一深刻小説広津柳浪黒み渡る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今戸の関連情報