コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今戸人形 イマドニンギョウ

3件 の用語解説(今戸人形の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いまど‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【今戸人形】

今戸焼の人形。キツネタヌキ・女郎などをかたどった小形の人形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いまどにんぎょう【今戸人形】

今戸焼きの人形。花魁おいらん・力士・招き猫・福助・狐などがあった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今戸人形
いまどにんぎょう

東京都台東(たいとう)区今戸でつくられる人形。江戸初期、江戸の町づくりに必要な瓦(かわら)焼きのかたわら製作された。京都の伏見(ふしみ)人形の影響を受け、独自の味を生かして発達した。群青(ぐんじょう)と朱丹(しゅたん)を主にした彩色で、小形物が多い。安価で洒脱(しゃだつ)な江戸っ子好みの特色をもつ点が広く親しまれた。旧城主江戸氏の遺臣たちが浅草今戸の地に土着し、良質の粘土を利用した瓦や土器製作を生業としたのが今戸焼の始まりともいわれる。人形の種類は幕末には100を超えた。花魁(おいらん)、狐(きつね)などの作品が知られ、現在もつくられている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今戸人形の関連キーワード今戸タヌキ化け物今戸焼狐と狸の化かし合い狸蕎麦今戸の狐福助くらべ白井作右衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今戸人形の関連情報