コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕分(け)/仕訳 シワケ

デジタル大辞泉の解説

し‐わけ【仕分(け)/仕訳】

[名](スル)
物事を区別して行うこと。行い分けること。「仕事の―」「役柄の―」
品物などを種類・用途・宛先などに応じて分類すること。区分。「郵便物を地方別に―する」
(仕訳)簿記で、取引の勘定科目金額を決定し、借方要素と貸方要素とに分析すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

仕分(け)/仕訳の関連キーワード現代日本文学翻訳・普及事業(JLPP)佐川グローバルロジスティクス民主党の陳情一元化の新ルール取り合わせる・取り合せる独立行政法人などの見直し国債整理基金特別会計トラック・ターミナル若手研究者育成事業ノースリトルロック奈良市の事業仕分けバッグインバッグクロスドッキング関西3空港問題フィニッシャーハンプ(鉄道)カーリターダー物流ロボット化ハンプヤード郵便番号制度行政刷新会議

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android