コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕訳 しわけ journal entry

2件 の用語解説(仕訳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕訳
しわけ
journal entry

取引を簿記の基本的分類技法によって記帳すること。通常,取引の発生日,借方と貸方に記入すべき勘定科目ならびに金額を示すとともに,その取引の説明的記述が付される。取引に対する一連の手続を取引発生順に記入することであり,記入する帳簿を仕訳帳というが,今日では実務上仕訳伝票が広く利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仕訳
しわけ
journalizing

複式簿記において、日々の取引を一定のルールに従って記録・整理すること。企業の活動は、会計組織もしくはシステムによって整理されるが、まずは日々の活動を一定のルールに従って日付順に記録していくことが必要である。現代の会計システムは、通常は複式簿記の手法を使用しており、複式簿記におけるこのような記録の第1段階が仕訳とよばれる。会計記録を必要とする活動事象を取引というが、取引はまず仕訳される。取引は、おおよそ資産、負債、資本(純資産)、費用、収益の五つの取引要素のいずれかから構成され、この要素の増加と減少を金額を付して把握することが仕訳の役割である。したがって、仕訳は日付、借方勘定科目、貸方勘定科目と、それらの金額からなって記録される。この記録するための帳簿を仕訳帳という。日々の活動記録という意味から、仕訳帳は一般の日記帳の役割を有している。
 仕訳の記録は、定期的に各勘定科目別に集計整理する元帳(総勘定元帳)に記録を移される。これを転記するという。元帳から試算表・精算表が作成され、財務諸表(外部会計報告書)の作成へと作業が進められるから、作業の原点である仕訳の適正性や適法性はつねに確保されることが求められる。[東海幹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕訳の関連キーワード総勘定元帳基本的欲求簿記基本的収支簿記仕訳日記帳日記帳簿記学簿記の日ツィルケルの分類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仕訳の関連情報