他意(読み)たい

精選版 日本国語大辞典「他意」の解説

た‐い【他意】

〘名〙 ほかの考え。人には知らせないで隠している考え。ふたごころ。異心別意
万葉(8C後)一八・四一二八・右詞文「明知加言豈有乎」 〔漢書‐武五子伝戻太子

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「他意」の解説

た‐い【他意】

心の中に隠している別の考え。特に、相手に対する悪意。ふたごころ。「別に他意はない」
[類語]他念余念

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「他意」の解説

【他意】たい

ふたごころ。異志。〔漢書、戻太子劉拠伝〕久之(しばらく)して巫蠱(ふこ)の事多く信ならず。上(しやう)、太子の(くわうきよう)して、他無きを知る。~上、太子の無辜(むこ)(無実)なるを(あは)れみ、乃ち思子宮を作る。

字通「他」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android