仙痛(読み)せんつう

日本大百科全書(ニッポニカ)「仙痛」の解説

仙痛
せんつう

胃、腸、胆道、腎盂(じんう)、尿管など腹部臓器の壁を形成する平滑筋が伸展、けいれんなどをおこすことにより発作性、反復性にみられる腹痛をいう。仙痛を意味するコリックcolicは結腸colonから派生した語である。古くは疝気(せんき)とよばれていたものであり、さし込み(しゃく)などとも俗称された。

 疼痛(とうつう)発作は数分間続き、これが一定の間隔で周期的に反復することが多い。発作が終わると痛みはなくなる。疼痛は激しく、絞るようなとか、刺すようなとか、引っ張るようなとか、灼熱(しゃくねつ)感などと表現される。ほぼ罹患(りかん)臓器の位置に一致して痛みを自覚するが、一定方向への放散痛(関連痛)を伴うことが多く、特徴的なものもある。おもなものに胆道仙痛、腸仙痛、腎・尿路仙痛、膵(すい)仙痛、子宮仙痛などがある。

 胆道仙痛は代表的なもので、胆石症によるものがもっとも多い。腸仙痛は腸管、とくに小腸の通過障害を伴ったときにみられ、比較的に長く痛みが持続し、へそに向かって放散するのが特徴であり、代表的なものは腸閉塞(へいそく)である。腎・尿路仙痛は腎盂および尿管結石にみられ、しばしば尿路に沿って下腹部膀胱(ぼうこう)、外陰部へ痛みが放散する。膵仙痛は膵石膵管を通過するときにみられ、胆道仙痛に似た激痛を伴う。子宮仙痛は子宮壁のけいれん性疼痛で、月経性仙痛や種々の子宮疾患にみられる。治療としては鎮痙(ちんけい)剤や鎮痛剤を投与するほか、ショックに対する処置、絶食を含む食事療法を行い、原因の除去を図る。

[細田四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android