コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙華門院 せんかもんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙華門院 せんかもんいん

1224-1262 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の第2皇女。
元仁(げんにん)元年生まれ。母は源有雅(ありまさ)の娘。寛元2年内親王となり,4年まで伊勢斎宮をつとめる。宝治(ほうじ)2年後嵯峨(ごさが)上皇の准母(じゅんぼ)として皇后の尊称をうけ,建長3年院号をあたえられる。弘長(こうちょう)2年8月21日死去。39歳。名は曦子(ぎし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仙華門院

没年:弘長2.8.21(1262.10.5)
生年元仁1(1224)
鎌倉時代女院土御門天皇皇女。母は権中納言源有雅の娘大宮局。名は曦子。寛元2(1244)年12月伊勢斎宮に卜定され,内親王となる。同4年1月兄後嵯峨天皇の譲位によって野宮から退下。宝治2(1248)年皇后宮となる。建長3(1251)年院号宣下。

(秋山喜代子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

仙華門院の関連キーワード曦子内親王土御門没年源氏

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android