コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

令長 れいちょうling-chang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

令長
れいちょう
ling-chang

中国,漢代の県の長官。万戸以上の県の長官を令といい,秩禄は 1000~600石,万戸以下の県の長官を長といい,秩禄は 500~300石。属官は秩 400~200石を長史,100石以下を少史と呼んだ。一般には孝廉 (官吏の特別任用法) にあげられて郎官 (天子に近侍する官) となり,次いで令長に任じられたが,郎官を経ない場合は守令,守長と呼ばれた。中央の任命制で,前漢中頃から本籍地回避制度が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

令長の関連キーワードロジェストベンスキーハズバンド キンメル長谷川清(1)加藤定吉(1)有地 品之允山本 五十六伊地知 季珍栃内 曽次郎左近司 政三小沢 治三郎有馬 新一有地品之允野村吉三郎山屋 他人豊田 副武八代 六郎柴山 矢八吉松茂太郎塚原二四三塩沢 幸一