八佾(読み)ハチイツ

世界大百科事典 第2版の解説

はちいつ【八佾 bā yì】

古代中国雅楽の舞隊編成名称。その舞を〈八佾の舞〉という。佾とは隊列の意味で,その編成には2ある。服虔(ふつけん)の説では1佾を8人と定め,天子祭祀には8人8列で64人,諸侯は8人6列で48人,大夫(たいふ)は8人4列で32人,士は8人2列で16人とする。杜預(とよ)によると天子は8人8列で64人,諸侯は6人6列で36人,大夫は4人4列の16人,士は2人2列の4人と縦横同数に説く。また楽器も天子は東西南北の4面,諸侯は3面,大夫は2面,士は1面に限ったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はち‐いつ【八佾】

〘名〙 (「佾」は舞楽における行列の意) 古く、中国・朝鮮の雅楽に用いられた舞。日本ではかなり昔に絶えた。
※詩序集(1133頃)夜月照階庭詩序〈大江家国〉「八佾婆娑之舞客、対素影以翻裾」 〔論語‐八佾〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android