八佾(読み)はちいつ

精選版 日本国語大辞典「八佾」の解説

はち‐いつ【八佾】

〘名〙 (「佾」は舞楽における行列の意) 古く、中国・朝鮮の雅楽に用いられた。日本ではかなり昔に絶えた。
※詩序集(1133頃)夜月照階庭詩序〈大江家国〉「八佾婆娑之舞客、対素影以翻裾」 〔論語‐八佾〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「八佾」の解説

はち‐いつ【八×佾】

中国唐代の雅楽に用いられた舞。日本に伝わったかどうかは不明。やつらのまい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「八佾」の解説

はちいつ【八佾 bā yì】

古代中国雅楽の舞隊編成名称。その舞を〈八佾の舞〉という。佾とは隊列の意味で,その編成には2ある。服虔(ふつけん)の説では1佾を8人と定め,天子祭祀には8人8列で64人,諸侯は8人6列で48人,大夫(たいふ)は8人4列で32人,士は8人2列で16人とする。杜預(とよ)によると天子は8人8列で64人,諸侯は6人6列で36人,大夫は4人4列の16人,士は2人2列の4人と縦横同数に説く。また楽器も天子は東西南北の4面,諸侯は3面,大夫は2面,士は1面に限ったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android