コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮面鬱病 カメンウツビョウ

デジタル大辞泉の解説

かめん‐うつびょう〔‐ウツビヤウ〕【仮面鬱病】

鬱病に通常みられる精神症状よりも、疲労感・睡眠障害・便秘など、さまざまな身体症状を強く訴える鬱病。鬱病が仮面をかぶっているという意味でいい、臨床上用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かめんうつびょう【仮面鬱病 masked depression】

内因性鬱病には違いないが,抑鬱気分や制止などの定型的な抑鬱症状が目立たず,身体的な症状の仮面をつけている鬱病のこと。1958年,精神医学者クラールV.A.Kralの命名による。古来から〈抑鬱なき鬱病〉として知られていた。主な症状としては全身の倦怠感,疲労感,違和感,頭重,頭痛,胸部圧迫感,胸部空虚感,消化器系症状,食欲不振,めまい,口渇,味覚異常,心気亢進,便秘,睡眠障害,性機能障害,視力障害,全身各部位の痛みなどがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮面鬱病の関連情報