コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲裁手続に関するモデル規則 ちゅうさいてつづきにかんするモデルきそくModel Rules on Arbitral Procedure

1件 の用語解説(仲裁手続に関するモデル規則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仲裁手続に関するモデル規則
ちゅうさいてつづきにかんするモデルきそく
Model Rules on Arbitral Procedure

国連国際法委員会が 1958年に採択した仲裁のための指針になる規則をいう。委員会は,当初,一般的仲裁裁判条約締結のために国連加盟国に勧告すべき草案の作成を目指したが,総会での批判を考慮して,仲裁契約や一般仲裁裁判条約において任意に利用しうるモデル規則の作成に方針を変えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

仲裁手続に関するモデル規則の関連キーワード岸信介内閣テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史アイトマートフアラビア石油[株]ケラワック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone