コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹庄左衛門 いたみ しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹庄左衛門 いたみ-しょうざえもん

?-1628 江戸時代前期の弓師。
摂津伊丹城主伊丹親興(ちかおき)の後裔(こうえい)という。元和(げんな)5年(1619)徳川頼宣(よりのぶ)の紀伊(きい)入国にしたがい,和歌山藩の弓御用をつとめる。寛永5年10月死去。子孫も代々弓師としてつかえ,伊丹家のつくる弓は雁金(かりがね)弓といわれ,名弓として知られた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊丹庄左衛門の関連キーワードロドリゲス井上正就菅原玄同リバルタバッキンガム(公)忠也派一刀流ベルニーニ大久保忠隣小野忠明ケファロニア島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android