伊丹庄左衛門(読み)いたみ しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹庄左衛門 いたみ-しょうざえもん

?-1628 江戸時代前期の弓師。
摂津伊丹城主伊丹親興(ちかおき)の後裔(こうえい)という。元和(げんな)5年(1619)徳川頼宣(よりのぶ)の紀伊(きい)入国にしたがい,和歌山藩の弓御用をつとめる。寛永5年10月死去。子孫も代々弓師としてつかえ,伊丹家のつくる弓は雁金(かりがね)弓といわれ,名弓として知られた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android