コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢太神楽(だいかぐら)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢太神楽
いせだいかぐら

三重県桑名(くわな)市太夫(たゆう)町に伝承する職業的な二人立獅子舞(ふたりだちししまい)。1組10名前後で構成され、山本源太夫の組をはじめとする、阿倉川(あくらがわ)系を含めた6組ほどで「伊勢大神楽講社」を結成し、各組(社)はほぼ一年中、北陸、近畿、中国地方を巡行している。また、太夫町の増田神社の祭り(12月23、24日)にも演じられる。獅子頭(ししがしら)は神として崇(あが)められているが、信仰的な意味づけは一様でなく、伊勢参宮にかわるとする土地もあるが、竈祓(かまどばら)いと屋敷清めを主眼としている。鈴の舞、四方(しほう)の舞などの神事舞や吉野舞、神来舞(しぐるま)などの神楽舞のほか、余興として、水の曲、献燈の曲、魁曲(らんぎょく)などの数々の放下(ほうか)(曲芸)を演じる。壬申(じんしん)の乱(672)に由来するという伝書もあるが、中世末ごろ始められ、途中伊勢神宮の御師(おし)と結んで発展したと思われる。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊勢太神楽(だいかぐら)の関連キーワード三重県桑名市桑名(市)宮城野温泉三重県獅子舞太神楽神事舞放下