コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢崎織物 いせさきおりもの

2件 の用語解説(伊勢崎織物の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊勢崎織物【いせさきおりもの】

群馬県伊勢崎市を中心に,江戸後期,絹織物業が発展。堅牢な太織(ふとおり)・縞物(しまもの)の産地として著名となる。躄機(いざりばた)による農家の賃機が主流であったが,19世紀末,高機(たかばた)と,化学染料などの技術を導入し絣(かすり)物を生産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いせさきおりもの【伊勢崎織物】

群馬県伊勢崎地方産の絹織物。1720年(享保5)ころから堅牢な太織(ふとおり),縞物の産地として名が売れ,19世紀に入って生産,取引量を増大させた。玉糸,のし糸を原料とし,躄機(いざりばた)による農家の賃織りが主流であったが,1880年代以降,高機(たかばた),化学染料,絹紡糸を導入し,絣物(かすりもの)の生産を軌道にのせるなどして,以後第2次世界大戦前まで銘仙の一大産地となった。戦後の復興期には化繊やウールの着尺(きじやく)の生産が新たに登場した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊勢崎織物の関連キーワード上武大学伊勢崎伊勢崎織伊勢崎銘仙加賀絹秩父絹八丈絹八端掛キラットくん下城弥一郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢崎織物の関連情報