コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太織 ふとおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太織
ふとおり

やや厚みのある平織の絹織物で,ふとり,太絹ともいう。玉糸または熨斗 (のし) 糸 (絹糸の最劣等品,屑物) など太糸を使って織る。上質の細い絹糸で平織にした絹織物と,厚くぼってりした紬との中間の風合いをもつ。白生地や無地のほかに,縞,絣などの柄物もあり,秩父太織,伊勢崎太織,渋川太織などがある。太織のうち,地が薄手で,織りもつんだ緻密なものを,のちに銘仙と呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふと‐おり【太織(り)/×絁】

玉糸や熨斗糸(のしいと)で織った平織りの絹織物。太絹(ふとぎぬ)。ふとり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

太織の関連情報