四海(読み)シカイ

  • 四海 sì hǎi

世界大百科事典 第2版の解説

天下の古代の中国人は中国の四方を海がとりまいていると考えた。《爾雅(じが)》が中国の九州の外に四極,その外に四荒,さらにその外に四海がひろがり,四海は九夷,八,七戎,六蛮など野蛮人の住地であるというのは,海hǎiと晦huìの音声類似から,海が文明の光のとどかぬ“晦(くら)い”ところと意識されたからである。また中国医学では,人間のからだに髄海,血海,気海,水穀の海の四海を想定し,十二経水がこれら四海に注ぐと考えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 四方の海。よものうみ。
※菅家文草(900頃)二・九月九日、侍宴「較量皇恩沢、翻来四海波
② (四方の海のうちの意から) 国内。くにじゅう。また、世界。世の中。天下。
※続日本紀‐養老五年(721)三月癸丑「朕君臨四海。撫育百姓
※平家(13C前)七「平相国といふ者あり。四海を管領して万民を悩乱せしむ」 〔書経‐説命〕
③ 四方の外国。国のまわり。四方のえびす。
※集義和書(1676頃)七「夷・蛮・戎・狄も、仁政をしたひ威武を恐て来服す。是を四海一家の如く中国一人の如しと云」 〔書経‐益稷〕
④ 仏語。須彌山(しゅみせん)をとりまく四方の外海。
※観智院本三宝絵(984)下「輪王の四海のほかにめぐりてたのしびをほく身かうばしきも」 〔経律異相‐四二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四海の関連情報