コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四海 シカイ

デジタル大辞泉の解説

し‐かい【四海】

四方の海。よものうみ。
《四方の海の内の意》国内。世の中。天下。また、世界。「四海を掌握する」「四海同胞」
仏語須弥山(しゅみせん)を取り巻く四つの外海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しかい【四海 sì hǎi】

天下の意。古代の中国人は中国の四方を海がとりまいていると考えた。《爾雅(じが)》が中国の九州の外に四極,その外に四荒,さらにその外に四海がひろがり,四海は九夷,八狄,七戎,六蛮など野蛮人の住地であるというのは,海hǎiとhuìの音声の類似から,海が文明の光のとどかぬ“晦(くら)い”ところと意識されたからである。また中国医学では,人間のからだに髄海,血海気海,水穀の海の四海を想定し,十二経水がこれら四海に注ぐと考えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しかい【四海】

四方の海。
国内。天下。世の中。また、世界。 「征夷将軍の跡を継がしめ以て-に号令せり/日本開化小史 卯吉
〘仏〙 須弥山しゆみせんを四方から取りまく海。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四海の関連キーワードコスモポリタニズム四鳥の別れ狼煙・狼烟儀刑・儀型四海波静か四海 民蔵小倉惣次郎松角武忠北村正信和荘兵衛大沢赤城如何でか伊勢海老四海同胞掌にする四つの海四方の海四海兄弟森 洽蔵四海波

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四海の関連情報