コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東佐忠 いとう すけただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東佐忠 いとう-すけただ

?-? 戦国時代の槍術(そうじゅつ)家。
神道流の剣術と槍術をまなぶ。柄(え)をとおした短管をもって槍(やり)をくりだす管槍(くだやり)の術をあみだし,伊東流(建孝流)槍術を創始した。陸奥(むつ)出身という。通称は紀伊守(きいのかみ),のち紀伊入道。名は祐忠ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東佐忠
いとうすけただ

生没年不詳。槍術(そうじゅつ)伊東流の始祖で、管槍(くだやり)(早槍とも書く)の創始者。室町末期、天文(てんぶん)~永禄(えいろく)(1532~70)のころの人。奥州黒川(会津若松)蘆名(あしな)氏の家臣と伝えられ、のち紀伊守(きいのかみ)(入道)と称した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊東佐忠の関連キーワード落合康政

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android