コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊能稲 いのう いね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊能稲 いのう-いね

1763-1822 江戸時代中期-後期の女性。
宝暦13年生まれ。伊能忠敬(ただたか)の長女。上総(かずさ)(千葉県)山辺郡片貝の布留川小野八と結婚,江戸深川で米穀商をいとなむ。夫が米相場に失敗したため,忠敬に勘当され,2女をつれて夫の郷里にうつる。文化7年夫が病没し,父の勘気がとけ下総(しもうさ)佐原(さわら)(千葉県)の実家にかえった。文政5年死去。60歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊能稲の関連キーワード平賀源内アメリカ独立革命イギリス・フランス植民地戦争ワシントン(George Washington)ラルサ柏木如亭宇田川榕菴ビュート伯ニューフランス辺境伯オペラハウス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android