コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊能稲 いのう いね

1件 の用語解説(伊能稲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊能稲 いのう-いね

1763-1822 江戸時代中期-後期の女性。
宝暦13年生まれ。伊能忠敬(ただたか)の長女。上総(かずさ)(千葉県)山辺郡片貝の布留川小野八と結婚,江戸深川で米穀商をいとなむ。夫が米相場に失敗したため,忠敬に勘当され,2女をつれて夫の郷里にうつる。文化7年夫が病没し,父の勘気がとけ下総(しもうさ)佐原(さわら)(千葉県)の実家にかえった。文政5年死去。60歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊能稲の関連キーワードラルサ柏木如亭ビュート伯ニューフランス石上私淑言滑稽本西部開拓史斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone