伊藤 栄樹(読み)イトウ シゲキ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 栄樹
イトウ シゲキ

昭和期の検事 元・最高検察庁検事総長。



生年
大正14(1925)年2月3日

没年
昭和63(1988)年5月25日

出生地
愛知県名古屋市

学歴〔年〕
東京大学法学部法律学科〔昭和22年〕卒

経歴
昭和24年に検事となり、法務省刑事局長、事務次官を経て、56年最高検次長検事、58年12月東京高検検事長、60年12月検事総長に就任。第一線の特捜検事時代に、造船疑獄事件を担当したが、指揮権発動という政治の壁にぶつかった苦い経験を生かし、「巨悪の剔抉(てっけつ)」をモットーにしてきた。特に、法務省刑事局長だった54年ダグラス・グラマン事件捜査の進展に関して国会で「初めに5億円ありき」と答弁して有名に。“ミスター検察”の異名をとった。61年4月には撚糸工連汚職で与野党政治家の取調べを行う。63年3月がんのため辞任。その後、死の間際まで、朝日新聞に「秋霜烈日」、「新潮45」に「人は死ねばゴミになる」を連載していた。著書に「検察庁法逐条解説」「だまされる検事」「刑事訴訟法の実際問題」「検事総長の回想」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊藤 栄樹 (いとう しげき)

生年月日:1925年2月3日
昭和時代の検事。最高検察庁検事総長
1988年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android