コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤保 いとう たもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤保 いとう-たもつ

1913-1963 昭和時代の歌人。
大正2年11月25日生まれ。ハンセン病とたたかいながら作歌をつづける。昭和8年「アララギ」にはいり,斎藤茂吉に師事。29年近藤芳美の「未来」にも参加。昭和38年11月16日死去。49歳。大分県出身。歌集に「仰日」「白き檜の山」。
【格言など】響(とよも)して地震(なゐ)すぐるとき標本壜に嬰児ら揺らるるなかの亡き吾子(「仰日」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤保の関連キーワード小西保二郎ハンセン病伊藤 保斎藤茂吉

伊藤保の関連情報