伊藤栄樹(読み)いとう しげき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤栄樹 いとう-しげき

1925-1988 昭和時代後期の検事。
大正14年2月3日生まれ。東京地検次席検事,最高検検事,法務省刑事局長・事務次官をへて,昭和60年検事総長。29年造船疑獄事件を手がけて以来,日本撚糸(ねんし)工連事件など政治家の収賄事件の捜査を指揮した。昭和63年5月25日死去。63歳。愛知県出身。東京帝大卒。
【格言など】人は,死んだ瞬間,ただの物質,つまりホコリと同じようなものになってしまう(「人は死ねばゴミになる」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android