コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤竹里 いとうちくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤竹里
いとうちくり

[生]元禄5(1692).京都,堀川
[没]宝暦6(1756)
江戸時代中期の古学派の儒学者。伊藤仁斎の4男。久留米藩出仕。著書『枕干小録』『赤羽漫筆』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤竹里 いとう-ちくり

1692-1756 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)5年生まれ。伊藤仁斎の4男。異母兄の伊藤東涯にまなぶ。享保(きょうほう)8年筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬則維(のりふさ)につかえる。のち世子頼徸(よりゆき)の侍読をつとめ,江戸の藩邸でおしえた。宝暦6年9月11日死去。65歳。京都出身。名は長準。字(あざな)は平蔵。著作に「赤羽漫筆」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤竹里の関連キーワード内田鵜洲伊藤蘭畹儒者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android