コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形振り ニンギョウブリ

世界大百科事典 第2版の解説

にんぎょうぶり【人形振り】

歌舞伎の特殊な演出法の一つ。義太夫狂言で俳優が人形浄瑠璃の人形を模し,その動きに似せて演じる技法をいう。ことさら誇張して人形をまねた身振りにより舞踊的な効果を上げる。古くは元禄歌舞伎で,俳優が浄瑠璃に合わせて演技する〈仕方(しかた)浄瑠璃〉が流行したころ,人形の動きを模倣する演出がしばしば行われたという記録がある。現在見られる形式は,文政期(1818‐30)の大坂で始まったという。多くは娘役の激情を表す情景に用いるが,道化がかった敵役が演じて,長時間の芝居に見た目の変化をつける例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にんぎょうぶり【人形振り】

歌舞伎の義太夫狂言で、一場面または一部だけ、演者が人形の動きをまね、人形遣いに操られるような演技をすること。「本朝廿四孝」の「奥庭」の八重垣姫、「櫓」のお七など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の人形振りの言及

【井上流】より

…近衛家で身につけた御殿舞などの宮廷文化を基盤に典雅な舞を作り上げた。2世,3世と,金剛流,観世流の能の影響を受けたが,歌舞伎や人形浄瑠璃の長所も取り入れ,〈人形振り〉の型を井上流のものにした。3世の時代に祇園町の舞の師匠となり,1872年(明治5)〈都をどり〉を起こした。…

※「人形振り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人形振りの関連情報