コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達締 だてじめ

世界大百科事典 第2版の解説

だてじめ【伊達締】

女性の和装用小物。幅約10cm,長さ約2.2mで,単(ひとえ)や芯入りの袋状のものなどがある。長じゅばんの胸元をととのえるためと長着のお端折(はしより)を始末するために用い,二巻きして端をはさみこむ。正絹で中央が堅く織られている博多織がかさばらずに使いよい。伊達巻は倍ほどの長さでぐるぐる巻きつけて体型の補整も兼ね,花嫁衣装の着付などに用いる。男物の伊達締は幅が5cmほどで,寝巻などに使う。【山下 悦子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

伊達締の関連キーワード伊達巻(和装小物)伊達巻(衣服)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android