コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達締 だてじめ

1件 の用語解説(伊達締の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だてじめ【伊達締】

女性の和装用小物。幅約10cm,長さ約2.2mで,単(ひとえ)や芯入りの袋状のものなどがある。長じゅばんの胸元をととのえるためと長着のお端折(はしより)を始末するために用い,二巻きして端をはさみこむ。正絹で中央が堅く織られている博多織がかさばらずに使いよい。伊達巻は倍ほどの長さでぐるぐる巻きつけて体型の補整も兼ね,花嫁衣装の着付などに用いる。男物の伊達締は幅が5cmほどで,寝巻などに使う。【山下 悦子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊達締の関連キーワード吾妻コート羽尺禅板二重回し和装和装本琴板被風ボディーボード飲作用小胞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊達締の関連情報