コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝巻/寝間着 ネマキ

3件 の用語解説(寝巻/寝間着の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ね‐まき【寝巻/寝間着】

寝るときの衣服。寝衣(しんい)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねまき【寝巻】

寝間着とも書き,寝るときに着る衣服をいう。洋の東西を問わず,古くは就寝のための特別の衣服はほとんど用いられなかった。昼間の衣服のまま,あるいは下着や裸のままでシーツやわらにくるまって寝ることが多かった。日本では鎌倉時代の《春日権現験記》などの絵巻類に見られるように,貴族も装束を脱ぎ下に着ている白絹の小袖のまま夜着をひきかぶっており,庶民もまた日常着の麻の小袖のままであった。貴族の間には昼間の装束に対して,宮中に宿直するときに着用する宿直(とのい)装束があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寝巻
ねまき

就寝するときに着用する衣服。寝衣とも寝間着ともいう。寝巻という場合は一般的に和服のことをさし、寝具の一種とされ、寝間で着るというような室内着的な性格はない。洋式のものはパジャマネグリジェがこれに相当する。寝巻は浴衣(ゆかた)の形式と同じであるが、男子のものは広袖(ひろそで)、布地は岡木綿、柄は格子縞(こうしじま)が多く、女子は袖丈の短い元禄袖(げんろくそで)風のもので、花柄などが多く用いられている。丈は男女ともに対丈である。近年はガーゼを二枚合わせたものが既製品として市販されている。布地は感触が柔らかく吸湿性、保温性のある綿織物が最適である。防寒用としては、保温性のあるタオル、ネルなどの厚手の布地が用いられる。古くは寝巻という独立した衣服はなかった。着衣していた衣服をそのまま肌にかけてやすむことが行われていたし、また日常の下着や肌着が寝巻に代用されていた。近世以後公家(くげ)、武士は白無垢(しろむく)の小袖を寝巻として使用した。庶民の間では、就寝時暖かくするために、衣服を肌に着るというより巻くといったつけ方をし、この慣習が一般に寝巻の語を生じさせた。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の寝巻/寝間着の言及

【寝具】より

…就寝の様式によって寝具の種類および用具は異なるが,寝具には敷具,掛具とや敷布,携帯式寝具であるハンモックシュラーフザック(寝袋)など,また就寝時の環境を整える具として蚊帳(屋)などが含まれる。ここでは主として敷具と掛具について述べる。
[日本]
 敷具のもっとも古いものは薦(こも)と蓆(筵)(むしろ)である。材料は菰(こも),稲,菅(すげ),蒲(がま),萱(かや),藺(い)などで,最初は一重に編んで用いた。…

※「寝巻/寝間着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone