伏屋重賢(読み)ふせや しげかた

  • 伏屋重賢 ふせや-しげかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1693 江戸時代前期の豪農。
和泉(いずみ)(大阪府)万町村の人。近郷36ヵ村の庄屋をつとめる。俳諧(はいかい)をよくし西山宗因ら文人がおとずれた。蔵書がおおく,契沖はその蔵書で研究したという。邸内の養寿庵は,のち移築されて契円珠庵となった。元禄(げんろく)6年10月8日死去。通称は長左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android