コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏屋重賢 ふせや しげかた

美術人名辞典の解説

伏屋重賢

文雅家。泉州富豪、契冲の後援者。元禄6年(1693)歿

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏屋重賢 ふせや-しげかた

?-1693 江戸時代前期の豪農。
和泉(いずみ)(大阪府)万町村の人。近郷36ヵ村の庄屋をつとめる。俳諧(はいかい)をよくし西山宗因ら文人がおとずれた。蔵書がおおく,契沖はその蔵書で研究したという。邸内の養寿庵は,のち移築されて契沖の円珠庵となった。元禄(げんろく)6年10月8日死去。通称は長左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android