コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏屋重賢 ふせや しげかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏屋重賢 ふせや-しげかた

?-1693 江戸時代前期の豪農。
和泉(いずみ)(大阪府)万町村の人。近郷36ヵ村の庄屋をつとめる。俳諧(はいかい)をよくし西山宗因ら文人がおとずれた。蔵書がおおく,契沖はその蔵書で研究したという。邸内の養寿庵は,のち移築されて契沖の円珠庵となった。元禄(げんろく)6年10月8日死去。通称は長左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android