伏屋重賢(読み)ふせや しげかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏屋重賢 ふせや-しげかた

?-1693 江戸時代前期の豪農。
和泉(いずみ)(大阪府)万町村の人。近郷36ヵ村の庄屋をつとめる。俳諧(はいかい)をよくし西山宗因ら文人がおとずれた。蔵書がおおく,契沖はその蔵書で研究したという。邸内の養寿庵は,のち移築されて契沖の円珠庵となった。元禄(げんろく)6年10月8日死去。通称は長左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android