コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏流 ふくりゅうunderflow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏流
ふくりゅう
underflow

地表流水が地下に潜入して地下水として流れること。透水性の大きな砂礫層から成る扇状地や火山麓斜面,乾燥した砂漠地域,石灰岩地域などにみられる。自由水,被圧水のいずれの状態でも起るが,前者の状態のものを伏流溝,後者の状態のものを伏流渠と呼ぶ。さらに現存河川の河床下にある透水性地層中を流れる地下水を伏流水と呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐りゅう〔‐リウ〕【伏流】

[名](スル)
地上の流水が、ある区間だけ地下を流れること。また、その流水。扇状地や火山灰地などに多い。
物事の基底に、ある内容や動きが存在すること。また、そのもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくりゅう【伏流】

( 名 ) スル
地上を流れる水が、ある区間だけ地下に潜って流れること。扇状地の中央部などに見られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伏流
ふくりゅう

地表水が地中に浸透して地下水として流れることをいう。扇状地のように厚い砂礫(されき)層からなる地形を流れる川では、川の水は伏流して地下水となり、部分的に水流が消失することもある。また石灰岩地域や火山噴出物からなる地域を流れる川の水もよく伏流する。とくに伏流水という場合には、河川や湖沼の底部または側部の砂礫層中を流れる水をさすが、この意味を正確に表す英語はない。
 経済産業省工業統計表の用地・用水編では、工業用水の水源を回収水、公共水道、地表水・伏流水、井戸水、その他に分類している。水文学(すいもんがく)的には伏流水も井戸水もともに地下水であるが、日本のように、地下の集水施設によって河川水や湖沼水を地下水として活発に利用している国では、取水方式の差異によって両者を区別するほうが便利な場合もある。伏流水は一般に水質が良好で、工業用水以外の水源としても利用されている。[榧根 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伏流の関連キーワード秋田県にかほ市象潟町関羊蹄のふきだし湧水PureBlue奥飛騨キャビア鬼びっくり吟遊しずく櫻花日本一おなんこう十王村の水象潟岩牡蠣竹田湧水群関の正宗金紋秋田酒心求道四方の友池山水源火山灰地柳緑花紅飛騨の里しらかわ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伏流の関連情報